いつごろ購入するの!?結婚指輪の基礎知識

結婚式で指輪交換をするなら

結婚してから結婚式を挙げ、さらに新生活を始めるということになると、かなり予定が立て込んでしまうことになりますよね。そんな中で、結婚指輪を購入するのがついつい後回しになってしまうという人も珍しくありません。しかし、結婚指輪は出来れば結婚式の前には用意しておきたいところ。特に結婚式で指輪の交換の儀式をすることになっているカップルであればなおさらですね。当日に指輪が間に合わずに、別の指輪で指輪交換をするはめにならないように気を付けましょう。

結婚式の半年くらい前に購入

結婚指輪は、できれば結婚式当日から半年くらい前に購入しておきたいところです。これは、だいたい結婚式場を予約するのと同じくらいの時期ですが、それは式場と提携している指輪業者に頼んで指輪購入をしてしまうなどすることができるからです。結婚式場の予約と一緒に指輪の購入もできれば、一石二鳥ですよね。しかもそういう指輪業者では、式場を予約するのとセットで結婚指輪を販売することで、よりお得に指輪を購入することができたりもするので、財布にも優しいのです。

結婚式後に購入するカップルも

中には結婚式後に結婚指輪を購入するカップルもいたりします。この場合、当然のごとく結婚式での指輪交換の儀式は出来なくなってしまいますが、結婚後に購入を検討することによって、よりじっくりと指輪選びができるというメリットもあります。特に結婚指輪にこだわりたいという人は、二人で一から手作りして指輪づくりをするという人もいたりします。そうなると、かなりの時間がかかってしまうことになって、そもそも結婚式に間に合わないということもあります。一からじっくりと結婚指輪を選べるので、指輪づくりそのものが思い出になることも。

エンゲージリングは金属素材だけでなく、ダイヤモンドやルビーなどの誕生石や宝石を散りばめるのがスタンダードです。